借地権の買取について

家借地権は名前の通り、土地を借りる権利のことです。地主から土地を借りて、その土地の上に自分の所有の建物を建てることができます。地主と契約を結び、地代を支払う仕組みになっています。地主の許可なく土地を売却したり、譲渡すしたりと、第三者に貸し出すということはできませんが、建物のリフォームなどは自由に行うことができるので賃貸物件よりも自由度は高くなります

借地権は主に旧借地権と新借地権の2種類に分けることができます。平成4年以降に契約が行われたものについては新借地権が適用されているのですが、旧借地権の場合は借地権者側の立場を守る意味合いが強いこともあり、地主と借地権者の間にトラブルが発生することも多かったことから新借地権に改正されました。借地権自体存続期間が長いことから、現在でも旧借地権と新借地権が混在している状態です。また旧借地権で契約をした土地に関しては更新をしても新借地権に切り替わることはありません。新借地権に切り替える場合は契約自体を新たに取り交わす必要があります。

借地権は所有権ではないことから、借地権そのものの売却や譲渡はできないとイメージしている人も多いのですが、実は借地権は地主の承諾があれば第三者に売却、譲渡することができます。特に借地権を相続した場合などは借地権は地主に無償返還しなければならないと考えている人も多いです。そこでここでは、借地権の買取について紹介させていただきます。

借地権の売却は可能か?