地主から底地を買い取る

困り顔借地権を売却する方法の中に出てくるのが土地所有者の権利です。これを底地といいます。底地は土地そのものの所有権を有することができるのですが、借地権がついている土地のことです。底地を売却する、買い取る場合は例えば、これまでは借地権付きの土地の上に建物を建てて住んでいたが、土地を残したいと思うようになった場合や地主側が土地をお金に変えたいなどさまざまなケースがあります。

底地権には借地権がついており、底地と借地で土地の所有権となります。底地だけでは所有権と比べて価値が下がってしまうこともあり、借地権がついていると、借地権者を無視して別の目的で土地を利用することはできません。1つの土地に対して地主と借地人それぞれの権利が交差していることから権利関係が複雑な土地とも言えます。

底地だけを買い取った場合は土地を自分の自由にできるわけではないので買い手がなかなかつかないことから、地主に底地の買取を打診すると話に乗ってくれることは多くあります。中には地主の方から底地の買取を打診されるケースもあります。ただし底地の買取、売却に関しては、価格で揉める可能性もあるので不動産業者に仲介を依頼することをおすすめします。

底地取扱店に相談する