未分類

底地取扱店に相談する

家借地権、底地の買取や売却については多くの手続きを要します。さらに借地権や底地に関する知識の豊富な地主サイドとの交渉も個人で行わなければならないとなると容易ではありません。

借地権や底地の買取や売却では、買取をする側は少しでも安くしたいですし、売却をする側からすれば少しでも高くしたいという思いもありますし、さらに地主サイド、借地人サイドのそれぞれの感情なども含めると複雑になってしまいます。特に底地の売却や買取に関しては、その土地に住んでいる借地人の存在もあることからなかなかスムーズに交渉が進まないケースもあり、第三者の介入が必要不可欠なものとなります。そこで底地の買取や売却を検討する場合は底地取扱店に相談するのをおすすめします。借地人、地主の双方にとってメリットのある提案をしてもらうことで円満の買取、売却を行うことができます。底地取扱店では買取や売却に関する交渉だけではなく、土地の評価に関する調査や面倒な手続きなども行ってくれるので難しいと感じる交渉だけではなく手続きなどもスムーズに進めることができます。

底地を売却したいがなかなか買い手が見つからない、底地を相続する人もなく今のうちに資産の整理をしたい、底地を売って換金したいという理由でも気軽に相談することができるのが底地取扱店です。

≪参考HP≫借地権売却

未分類

地主から底地を買い取る

困り顔借地権を売却する方法の中に出てくるのが土地所有者の権利です。これを底地といいます。底地は土地そのものの所有権を有することができるのですが、借地権がついている土地のことです。底地を売却する、買い取る場合は例えば、これまでは借地権付きの土地の上に建物を建てて住んでいたが、土地を残したいと思うようになった場合や地主側が土地をお金に変えたいなどさまざまなケースがあります。

底地権には借地権がついており、底地と借地で土地の所有権となります。底地だけでは所有権と比べて価値が下がってしまうこともあり、借地権がついていると、借地権者を無視して別の目的で土地を利用することはできません。1つの土地に対して地主と借地人それぞれの権利が交差していることから権利関係が複雑な土地とも言えます。

底地だけを買い取った場合は土地を自分の自由にできるわけではないので買い手がなかなかつかないことから、地主に底地の買取を打診すると話に乗ってくれることは多くあります。中には地主の方から底地の買取を打診されるケースもあります。ただし底地の買取、売却に関しては、価格で揉める可能性もあるので不動産業者に仲介を依頼することをおすすめします。

底地取扱店に相談する

未分類

借地権の売却は可能か?

借地権は第三者に売却することができるということがわかりました。ただし、第三者に売却をする場合は必ず土地の所有者である地主の承諾が必要になります。地主の許可なく勝手に借地権を売却してしまうと契約違反となってしまいます。

相談借地権の売却を行う場合は、借地権を第三者に売却する方法、借地権を土地の所有者である地主に売却する方法、第三者に借地権と土地所有者の検知を同時に売却する方法、等価交換として所有権になったものを売却する方法、地主の承諾を得ることができず、裁判所による借地非訟手続きによって第三者に売却をする5つの方法があります

借地権を売却する際には地主と交渉をするだけではなく、法律や税務などが複雑に絡み合っていたり、借地権者と地主の間で感情が複雑に絡んでいたりするなどもあり、さらに多くの場合地主の方が借地権の売却などについての交渉に長けているのに対して、借地権者は借地権に関する知識が乏しいことなどからなかなか地主との交渉がスムーズにいかないこともあり、個人で交渉を行うのは困難な場合も多くあります。借地権の売却を検討する場合はスムーズな交渉をすることができるように専門的な知識を持つ不動産会社に相談をするようにしましょう。

地主から底地を買い取る

未分類

借地権の買取について

家借地権は名前の通り、土地を借りる権利のことです。地主から土地を借りて、その土地の上に自分の所有の建物を建てることができます。地主と契約を結び、地代を支払う仕組みになっています。地主の許可なく土地を売却したり、譲渡すしたりと、第三者に貸し出すということはできませんが、建物のリフォームなどは自由に行うことができるので賃貸物件よりも自由度は高くなります

借地権は主に旧借地権と新借地権の2種類に分けることができます。平成4年以降に契約が行われたものについては新借地権が適用されているのですが、旧借地権の場合は借地権者側の立場を守る意味合いが強いこともあり、地主と借地権者の間にトラブルが発生することも多かったことから新借地権に改正されました。借地権自体存続期間が長いことから、現在でも旧借地権と新借地権が混在している状態です。また旧借地権で契約をした土地に関しては更新をしても新借地権に切り替わることはありません。新借地権に切り替える場合は契約自体を新たに取り交わす必要があります。

借地権は所有権ではないことから、借地権そのものの売却や譲渡はできないとイメージしている人も多いのですが、実は借地権は地主の承諾があれば第三者に売却、譲渡することができます。特に借地権を相続した場合などは借地権は地主に無償返還しなければならないと考えている人も多いです。そこでここでは、借地権の買取について紹介させていただきます。

借地権の売却は可能か?